ソーラーパネルのメリット・デメリット

メリット:

電気代の節約になります。太陽の光を使って電気を作ることができるので電気代をカットすることができるのが最大のメリットです。オール電化を導入している場合はガス代なども太陽光発電で賄えるのでさらに節約になります。余った分の電気を電力会社に売ることも出来るので収入を得ることも可能です。停電した時にも太陽光発電からの電気を使用することができるので安心です。自治体によっては補助金を支給してくれることあるのでチェックしてみてください。

デメリット:

ソーラーパネルの設置費用の高さがデメリットとして挙げられます。住宅に設置するようなソーラーパネルであればおよそ100-200万円ほどかかるといわれています。ただし通常であれば10年ほど経てば元が取れるそうです。太陽光が出ている間しか発電できないので夜や雨、曇りの日は発電ができません。このように発電量が不安定なことも不安要素の一つですが、事前に日射量などから設置場所を調査することでできる限りソーラーパネルを活用することはできます。雨漏りのリスクやメンテナンスが必要なことも忘れてはいけません。