屋上庭園の作り方

屋上庭園づくりをする際にはいくつかの注意点に配慮しなければなりません。建物には荷重制限があります。屋上に庭を造る場合は当然土や木の重さが建物にのしかかります。建物がどのくらいの重さまで耐えられるのかをちゃんとチェックしてから土を敷き詰めてください。専門家に相談するのがおすすめです。防水コーティングを施したとしても、防水コーティングには寿命があります。定期的にメンテナンスを行わないと水漏れの原因になってしまうので注意が必要です。庭園に木などを植える場合は根っこにも気を付けましょう。木が成長していくと木の根っこが防水層にまで侵入してしまうことがあるそうです。防水層の上に防根シートなどをかぶせて防ぐのが一つの解決策になります。屋上は地上とは違って日差しが強く風が強く吹きます。この場合屋上は乾燥してしまうので乾燥に強い植物が屋上庭園には適しています。強風が吹いた場合、屋上から物が落ちたり、土が舞ったりする可能性があります。木が折れてしまうこともあるので十分な対策が必要になります。排水の道も確保してこまめに掃除しましょう。