木造VS.コンクリート

木造建築にはさまざまな利点があります。木は夏場は暑さを室内に伝えにくく、冬は熱を逃しにくいので夏冬共に快適に暮らすことが出来ます。紫外線を反射してくれる効果も期待できます。木に含まれる成分により抗菌殺菌効果があるため風邪にかかりにくくなるともいわれており、。実際に木造住宅に住んでいる人のがんでの死亡率は低く、平均寿命は長いという結果もあるようです。木造の建物はコンクリート製の建物い比べてもストレス、疲れ、だるさを感じにくく、精神的・肉体的にも木造の効果は発揮されています。そのことを受けて学校なども木造製の校舎を増やして生徒のやる気や集中力の向上を図っています。実際にコンクリート製から木造の校舎へと変更した学校では生徒のやる気が上がったために進学率がアップしたそうです。生徒だけでなく、教師側も同じようなメリットを感じられたみたいです。このような効果は、コンクリート校舎の内装に木を多く使用するという方法でも対処することが可能です。金属防水は金属板を床にはめる手法です。軽さもあり、火にも強いが、暑さや錆びには弱いというデメリットがあります。