太陽光パネルの種類

admin

太陽光パネルには種類があり、それぞれ価格や性能が異なります。

シリコン系太陽電池

単結晶シリコンタイプ:変換効率が高く(ただし高温には弱い)、古くから人気の種類です。狭い屋根に設置できることも人気の理由ですが、その分価格はほかのものと比べて高めです。

多結晶シリコンタイプ:単結晶シリコンタイプと比べると変換効率はやや劣ります。こちらも高温には弱いですが、コストパフォーマンスがよくバランスの取れた種類です。

HITシリコン:変換効率が高く暑さにも強くできていますが、価格は高めです。

アモルファスシリコン:薄さと軽さが特徴のもので、シリコン使用量が少ないので価格も抑えられています。高温にも強めですが、変換効率は低いのが欠点です。

化学物系はシリコンを使用しないので価格は安くなります。天候の変動の影響を受けづらく安定的な発電をしてくれるのが良さです。しかしもともとの変換効率が低いのが難点です。銅・インジウム・セレンから出来たCIS太陽電池とガリウム・カドミウム・テルルから出来たCdTe太陽電池がよく使用されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です