室内気候と 表面結露について

admin

住宅の工事において,室内気候を常に快適な状態に保つ機能は欠くことのできない大切なポイントです。温熱については人工的にコントロールする技術が十分に進んだ、現在,室内気候の制御を容易にするために,外界
の変化に影響されないシェルターを得ることが大きなテーマとされてきている。そこで,建物の外周部の断熱化と
外部空気の遮断,すなわち ,室内の気密化が最も効果の高い方法として普及してきた。
このような屋根のシェルターにより外部と遮断された 内部空間は温熱に 関しては制御しやすい条件が備わったといえる。しかし ,汚れた空気や湿気などについては,むしろ ,自然換気による効果が期待できなくなり ,人偽的な換気や除湿など新たな対策を考えなければならない面も出てきた。特に気密化がもたらす室内湿度の上昇は建物のさまざまな部位に結露を発生させ,思わぬ実害をもたらす原因として問題化してき ている。

屋根本体を損なう結露の一つに壁内結露がある。その対策のーつとして壁の室内側に防湿層を設け内部で発生し
た湿気を壁内に侵入させない方法がとられる。これは,室内に湿気を閉じこめることでもある。
一方,室内の床,壁,天井の仕上げ材は化学材料や樹脂加工された建材が多く使われるようになってきている。
これらの仕上げ材は吸湿性,透湿性を持たないものが多い。このことは,室内の仕上げ面(内装面)に結露が発生
しやすい状態をっくり出していることにもなっている。
建物の外周部分の断熱化は室内の温熱の発散を低減し,内装面の温度を室温に近づけ,表面結露を防ぐ効果をもたらすとはいえ,室内の環境はさまざまな条件が影響し合い複雑であり ,条件によっては表面結露が発生する可能性は大きい。表面結露は一時的なものでも ,発生部位をしみなどで汚染し,また ,付近にある生活用品を損なうこともある。さらに ,繰り返しゃ継続的に結露の発生があればカビやダニ等を繁殖させ環境衛生上の問題ともなる。また程度によっては内装部材や建物本体を損傷させることも少なくない。結露発生の原理は単純である。しかし,多様な様相を持つ生活環境の中での結露の発生原因は単純とはいえず,その防止対策もなかなか難しいといえよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です