日本の住宅の歴史

admin

昔は今と違って家作りに対する姿勢が異なりました。山から採った木を使って頑丈で長持ちする良い家が作られ、祖父から孫の代まで長く住める家が多くありました。高度経済成長の時代になり、家を持つことは一般的になりました。他の製品同様に家も大量に生産・消費されていました。工務店同士はいかに安く家を作るかということを重視し始め、家の質はだんだんと低下していきました。コストダウン重視に家づくりなどが原因でシックハウス症候群が問題となりました。。家に使われる化学物質によって体調不良を引き起こすことを言います。新築の家だけでなく改修工事、リフォーム、家具による場合や、家を喚起しなかったり、掃除しないこともシックハウス症候群を引き起こす可能性があります。シックハウス症候群の症状は頭痛、目の痛み、かゆみ、のどの痛み、くしゃみ、鼻づまり、嘔吐、めまい、咳、ぜんそく、皮膚炎、じんましんなどです。主な原因物質はホルムアルデヒドやクロルピリホスです。家づくりの建材としてホルムアルデヒドを含んでいる住宅はいまだに多くあるそうです。クロルピリホスの使用は今では禁じられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です