実際の現場を見てみる

admin

もしも近所に屋根工事や修理などを行っている現場があれば、ぜひ足を止めて少し観察してみてください。と、いうのも実際の現場を見てみることで業者を選ぶ際に必要な情報が多く存在しているからです。

まずは現場が整理されているかどうかを確認します。常に片付けられているか、タバコの吸い殻や弁当のゴミなどが散らかっていないか、先述したようにトラックなど工事車両は近隣の迷惑にならないように駐車されているか等、それを確認するだけでも、自分たちの仕事やお客様とその周囲にまで気が配られているのかが判断できます。

次に注目するのは屋根修理を行っているスタッフです。しばらく見ていると同じチーム内であっても、腕の違いに差が表れ、チームの編成やパワーバランスが分かります。元気よく声で挨拶しているか、素早くメリハリのある動きをしているのか。第一印象や人相など、普段の態度から滲み出るものも、業者を選ぶポイントとしては欠かせません。

実際のところ、お客様にとっての業者選びの安心材料といえば、相手に対するフィーリングも重要な要素をなってくるでしょう。もしかするとお家の修理をお願いする業者になるかもしれません。工事の期間、全く相性の合わない相手を我慢することは後悔の種になることもなります。聞きたいことや、ついでに直して欲しいところなど相談があっても言い出しにくい。それではどんな出来に対しても不満が残ってしまいます。

リフォームの失敗の多くには、お客様と業者との意識のズレが原因になっていることもしばしば挙げられます。お互いに人同士ですので、どうしても考え方に違いは生まれるものです。だからこそ、気軽に何でも話せるような業者に依頼することが重要となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です