屋根から感じるパーソナリティ

admin
帰宅して玄関の扉を開ける前に、ちょっとお顔を上げてみてください。
 
何が見えるでしょうか?いつも、目を向ける事の少ないご自分のお家の屋上かもしれませんが、案外他の人の目には入ってくるものです。
 
その人は貴方のお家の天井を見て何を思うのか想像できるでしょうか?
住宅全般にいえる事ではありますが、住む家屋というのは、そのままその家主へのイメージにも繋がります。
 
例を挙げると、初めて貴方のお家へ訪問する人がいるとします。
 
住宅の外ではどんなに威厳を持って接していても、訪れた先の家で、そこにギャップが感じてしまうと、やはり印象はよくないのです。
 
特に、今お話している“屋上”というのは、遠くからであればあるほどよく見えるものです。
 
扉の前に向かう途中に「立派な住宅だなぁ」と感心するような、歩きながら大きく映っていく家の姿に、着くのが楽しみになるような住宅だと思ってもらうためには、屋上を見返すという作業は今後必要不可欠な事になっていくのかもしれません。
 
例を挙げれば、屋上に並ぶ立派な瓦から受ける感触は、その家主が、重厚で頼りがいのある、あるいは昔気質で情に厚く信用されるべき人物であるように思えます。
 
そのような人物を信用して付き合いたいと思う心を、誰しもが持ち合わせているのではないでしょうか?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です